京都、八坂通の京料理、割烹 祇園 さゝ木

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

祇園ささ木 八寸の12暦プロローグ



まず「八寸」の意味合いから。

八寸角の杉のへぎ生地の角盆のこと。これが転じて、ここに盛られる酒肴のことを指すようになり、いまでは献立の名称となった。

正しくは、八寸四方の杉盆を使い、右向こうに海の幸、左手前に山の幸を盛り込むのが定めである。

しかし、時代の流れや料理に対する捉え方が変わる中で「八寸」も少しずつ形を変えてゆかざるをえないこととなる。

器も自在となり、また食材の使い方も自由になってきた。

「祇園ささ木」の八寸シリーズ、これからの展開を楽しみにしてください。




睦月の八寸 第1回

「正月」

如月の八寸 第2回

「立春大吉」

弥生の八寸 第3回

「蛤の貝合わせ」

卯月の八寸 第4回

「花見八寸」

皐月の八寸 第5回

「男の節句」

水無月の八寸 第6回

「水無月の宴」

文月の八寸 第7回

「七夕」